トップへ戻る

目の下のクマ

目の下のクマには種類があった!

目の下のクマには、実は種類があります!

大きく分ける3種類。

主にクマというと黒クマのことが多いですが、本当の意味のクマ青くまです

茶クマ青クマ黒グマの3種類です。

アイキララ

目の下のクマの種類

茶グマとは?

目の下のくすみやシミが集まってクマのように見える。

目をこするくせのある人はできやすいので注意が必要ですよ。

目の下の皮膚をひぱってみたも、上を見てもクマは薄くはならないのが茶クマの特徴。

美白ケアや紫外線対策が必要です。

黒クマとは?

くまと言われるものは、これがもっとも多いと言われています。

20代後半くらいから目立ってきます。

これは重力に美影響されるたるみだからです。コンシーラーで隠せません。

顔を上へ向けるとクマが薄くなっているように見えるのが特徴。

鏡を持ってみて、顔を天井の方へ向けてクマが薄くなって見えるようなら黒クマかどうか調べてみましょう。

コラーゲン・エラスチン強化ケアなどが有効。

むくみがある人は、冷たい飲み物や塩分を控えめにすることも気をつけたいですね。

青クマとは?

目の下の血液が透けて見えることで、目の下が青黒く見えるクアです。

生まれつきのものが多く、冷え性体質の人に多く見られます。

加齢によって皮膚が痩せてくることで、どんどん目立つ傾向にあり。

コンシーラーで隠せます。

生まれつきの人が多いので、子供の頃から見られることも多い。

寝不足は要注意、濃く見えます。

目の下の皮膚を引っ張ってみるとクマが多少薄く見える。

コラーゲン・エラスチン強化ケアなどが有効。

運動をしたり、冷え性対策をとるようにしましょう。冷たい飲み物に注意するなど。

page top